公家ようかん 紫式部 kgyk006

345円(税込)

購入数
ようかん新シリーズとして公家ようかんを出させて頂きます。

【なぜ公家ようかん?】
当店は創業時の名前は賀茂公家芋本舗という名前で1989年に京都北山で開店しました。
創業者が公家の子孫で、その作った芋菓子と言うことで公家芋と名付けたお菓子の専門店でした。三年坂、京都駅、嵐山、奈良猿沢池などに出店して好評を頂いておりました。
2006年に、別会社に引き継いだのですが、新会社の大旦那が武家の子孫だったことから
武家ようかんを考案し、新たなメイン商品として販売を開始しました。
戦国武将ようかん、幕末ようかん、三国志羊羹などセブンイレブンでも販売されるなど
大好評の商品となりました。それを機に現在の名前、一夢庵大ふへん堂に改称致しました。

公家なのに武家ようかん?って質問を頂くことが多いため、今回より公家ようかんシリーズを
出させて頂くことになりました。

公家ようかんは武家羊羹として作っていた歴史上の人物のようかん、特に平安時代などは
貴族層のようかんが多かったため、新たなシリーズとして新装して再販するものです。

【公家ようかん第1弾のラインナップ】
第1弾は、現在大河ドラマなどで話題の平安時代の貴族を中心に何点か出させて頂きます。
リクエストを頂いた人物の中から8人のようかんを出させて頂きます。
藤原公任、藤原道長、藤原斉信、藤原行成、藤原実資
清少納言、紫式部、赤染衛門
となっています。

こちらは、紫式部のようかんです。

【紫式部】(970?〜1019?)
紫 式部は、平安時代中期の歌人・作家・女房。 『源氏物語』の作者とされ、この作品は生涯で唯一の物語作品となった。歌人としては、『百人一首』の和歌が知られており、『紫式部日記』、『紫式部集』、『拾遺和歌集』などにも和歌を残し、和歌795首が詠み込まれた。『中古三十六歌仙』、『女房三十六歌仙』の一人でもある。


【羊羹のお味】
お味は第1味、第2味、季節味の第3味があります。オーダー頂きましたら第1味か第2味でお作りします。季節により第3味も登場しますが、その際はお知らせします。
注文を頂いてから製造するものもあるため、納期は1週間ほどいただきます。製造が混み合うときは10日〜14日程度いただくこともございます。

紫式部のようかんは、第1味が煉り、第2味が白、季節味の第3味が桃味となっています。
もしお味の希望がありましたら備考欄にご記入下さい。できるだけご希望に添いたいと思います。

第1味 煉り
名称 煉羊羹 
原材料 グラニュー糖(国内製造)、小豆生あん、寒天、和三盆糖 
内容量 55g(一口サイズです)
賞味期限 底面記載 (製造より3年間。保存料などは一切使われておりません)
保存方法 高温多湿の場所を避け常温保存してください。開封後はお早くお召し上がり下さい。
【栄養成分表示】(1本55gあたり)
エネルギー159kcal
水分14.0g
タンパク質2.1g
脂質0.1g
炭水化物38.7g
灰分0.1g
食塩相当量0.01g


【販売者】一夢庵株式会社
京都市右京区嵯峨二尊院門前往生院町22−3
電話075−314−8016
【製造所】都製餡(株)滋賀工場
滋賀県東近江市五個荘山本町573−8


第2味
名称 白羊羹 
原材料 グラニュー糖(国内
製造)、白生あん、寒天、和三盆糖

内容量 55g 
賞味期限 底面記載
保存方法 高温多湿の場所を避け、開封後はお早くお召し上がり下さい。

白羊羹【栄養成分表示】(1本55gあたり)
エネルギー156kcal
水分14.8g
タンパク質2.0g
脂質0.2g
炭水化物38.0g
灰分0.1g
食塩相当量0.01g

【販売者】一夢庵株式会社京都市右京区嵯峨二尊院
門前往生院町22−3
電話075−314−8016
【製造所】都製餡(株)滋賀工場滋賀県東近江市五個荘山本町573−8
http://1muan.com

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。