【即納】日本刀のしおり ソハヤノツルギ

1,000円(税込)

購入数
平安時代の刀工集団、三池派の開祖、三池典太光世の作品。
徳川家康の愛刀といわれており、徳川家康の臨終の際、遺体と一緒に静岡県の「久能山」に奉納され、その後、明治天皇の天覧となった。
かわりに久能山には、人間国宝の刀匠、宮入昭平により模造刀が作られ納められた。