【即納】日本刀のしおり 千字村正

1,000円(税込)

購入数
伊勢の刀工集団、初代千字村正の作品。真田幸村の愛刀といわれており、徳川家を祟る「妖刀」ともいわれている。
1615年「大坂夏の陣」にて真田幸村が徳川家康に攻め寄った際に振っていた刀も村正とされ、徳川本陣を急襲した際、真田幸村が徳川家康に目がけて村正を投げたといわれている。